HOME > PROCESS

お部屋探しの流れ

*新生活を始めるためのお部屋探し*
大切なのは、何をいつからどんな方法で進めればよいのか知っておくこと。
そうすれば、安心かつスムーズにお部屋探しをスタートできます。

譲れない条件を決めよう

エリア・立地・予算など優先順位を明確にし、こだわり条件を決めておきましょう。


自分の希望がすべて叶う部屋を見つけるのは、決して簡単ではありません。
「絶対にここだけは譲れない」という条件を決めておき、広い視点で自分に合った部屋を探しましょう。

 
 

 

家賃上限を決める

家賃以外の出費も考慮して決めましょう。
ドイツでは共益費の中に水道代・冬場の暖房費が含まれている事が多いですが、電気代など個人で契約しなければならないものもあります。
詳しくは弊社スタッフまでお問い合わせください。
 

エリアを決める

エリアは勤務先や学校へのアクセスが大きな基準となります。ただし、絞り込みすぎるとかえって自分に合った物件を見落とすことも。範囲を少し広めにすると、条件に合う物件に出会える可能性が広がります。また、生活の利便性か、静かな環境か、優先順位をハッキリさせておくこともポイント。気になるエリアが住みやすいかどうか、情報収集するのもおすすめです。
 

間取りを決める

必要な広さや部屋数を考えながら間取りを決めましょう。部屋は広くなくても、収納スペースが充実していれば快適な場合もあります。間取りに幅を持たせつつ、専有面積や収納スペースを見ながら検討しましょう。ドイツでは、古い建物ほど貴重性があり好まれるケースが多いので間取りが面白いものもあります。
 

拘り条件を決める

家賃・エリア・間取りに加えて、自分のライフスタイルに合わせた住宅設備が整っている物件を選びましょう。必要な住宅設備をピックアップし、どれを重視するか決めておくと選びやすくなります。ドイツではキッチンを自身で用意しなくてはいけなかったり、洗濯機置き場が地下にあったり、バスタブが無かったりと、日本の物件とは標準設備が違う場合があります。
 
 
 
 
 
 
 
 

実際に物件を見てみよう

ライフスタイルに合った部屋を選ぶためにも、見落としがちなポイントを重点的にチェックすると安心。


当日担当するスタッフより、物件周辺情報や地元不動産の強みを生かしてフランクフルトの時事ネタなどのアドバイスもさせて頂きます。
実際の生活をイメージしながら、じっくり下見をしましょう。 また、交通の利便性やスーパーの場所など、周辺環境も確認しておきましょう。

 

引越し希望日の約1カ月前には物件見学へ

引越し希望日の約1カ月前には不動産会社へ不動産会社を訪れるタイミングは重要です。「契約が早すぎて引越し前に家賃が発生」「引越し期日が迫ってきて妥協して契約」など失敗例も。不動産会社の訪問は、引越し希望日の約1か月前がおすすめ。入居審査が1~2週間かかるため、早めに訪問しよう。

平日の午前中が狙い目

納得のいくお部屋探しのためには、営業担当者とじっくり相談する時間が必要です。混み合う土日祝日を避けた平日の午前中が狙い目。午後にじっくりと物件見学にも行けるため、無駄なく時間が使えます。また、ドイツでは物件によっては日曜日に見学が出来ない事も多いです。

予約をしてから訪問をしよう

もちろん予約なしでもできるだけ対応しますができれば予約するのがベター。特に見学したい物件が決まっている場合、当日来店だと案内できない場合もあるので注意しましょう。
予約をして頂いたら頂いた時間の範囲内で数多くの物件をまとめて見学することが出来ます。

予約の時に条件を伝えておこう

予約の際、見たい物件の条件が決まっていれば、あらかじめ伝えておきましょう。新しい物件のリサーチや見学の段取りなど、当日までにお部屋探しの準備万端でお迎え出来ます。
また、好みでない部屋を案内されても気を遣って曖昧な返答をしてしまいがちです。しかし、その気遣いによって、遠回りすることになる可能性も。Yes/Noをハッキリ伝えることで、担当者が他の物件を紹介しやすくなるので、遠慮せずに意思表示をしましょう。

中国 中部・北陸 近畿 関東 東北 北海道 本州 四国 九州

部屋が決まったら契約しよう

いよいよ最終段階の契約です。入居申し込み以降は取り消しが難しくなるので、物件や契約の詳細をきちんと聞き、わからないことは確認しておきましょう。


入居を決めてもすぐに入居できるわけではありません。入居審査に通って初めて入居できるため、早めにお部屋探しをしましょう。


 

 

入居には「入居申し込み」が必要

入居を決めたら、初めに入居申し込みをします。身分証明書(パスポート)、会社の在籍証明書、が必要となります。入居申し込み書(ドイツ語)の項目に記入していただく際にはスタッフがお手伝い致します。

 

入居申し込みが済んだら、入居審査が行われます

入居審査では、安心して貸せるか、契約者の人柄や勤務先、収入、支払い能力などを見て検討・判断します。日本と少し違うところは、ドイツでは最終的に大家さんの個人的判断により決まるところが多いです。弊社と貸主とは信頼関係が出来ているので審査は比較的通りやすくなっています。

 

審査に通ったらいよいよ契約

入居の承諾を得たら、いよいよ本契約へと進みます。契約書は全てドイツ語となりますので、口頭にて日本語で契約内容(契約期間、現状回復義務、保証金、アパートメントのルール等)、仲介手数料、各種保険をご説明します。安心して契約出来るよう、気にかかることがあればその場で聞きましょう。

  

お問い合わせ

お問い合わせフォームにて条件等を記載ください。


フランクフルトの立地・環境など生活や通勤通学がしやすいエリアを比較検討出来るよう、お時間が許す限り数多くの物件をご覧頂ければと思っておりますので、ご条件を詳しくお伝え下さい。